2008年06月26日

上田正樹と有山淳司 / ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか+6tracks(紙ジャケット仕様)ぼちぼちいこか+6tracks(紙ジャケット仕様)
上田正樹と有山淳司

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2007-09-05
売り上げランキング : 44593
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名盤だと思います。
一時は入手の難しいアルバムでしたが、CDで再版されました。
30年以上も前に発売されたもので、今でこそ大阪を題材にしたものはありふれていますが、当時は珍しかったのではないでしょうか。
(多分食いだおれ太郎も全国的にはあまり知られてなかった?)
ブルースのスピリットに、何気ない大阪弁がこんなにも合うのか、ブルースって実は大阪弁なんじゃないかと思ったりもします。
個性的な上田のヴォーカルが中心のなか、声の高さやテンポとも全く違った味の有山の歌声が合わさって、何とも心地よい仕上がり。
こういう歌を探していた、と思わせるような一枚で、
大阪やブルースに全く興味のない方に逆に聴いてもらいたいです。
(ライブ音源が6曲追加収録され計18曲で2000円、中古で一時高価だったことを思うとかなりお得です)

2008年06月19日

永島慎二「フーテン」

フーテン―シリーズ黄色い涙青春残酷物語フーテン―シリーズ黄色い涙青春残酷物語
永島 慎二

まんだらけ 2008-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やっと出ました、永島慎二の「フーテン」!
ちくま文庫(現在絶版)以降は20年くらい出版されなかったんじゃないかと思います。
古本屋を回ってもなかなか手に入らず、ようやく手に入れたかなり痛んだ文庫本でしか持っていません。
(もともとちくま文庫のを持っていたのですがなぜか紛失)
これも本屋で見つけただけでまだ買っていませんが、装丁があえて今風でなく当時風で永島氏のイラストで飾られており絶対買いの一冊と思います。
posted by nyro at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。