2009年05月21日

Pink Floyd - Wish You Were Here

ayuのライブ、今年もアリーナのチケット取ったけど例の新型インフルのおかげで中止。

ま、仕方ないけどこのチケットどうなるんやろ。


今更ながらyoutubeの動画を初試し貼り。

選曲は今の気分でピンフロ。
この曲は最初のイントロ部分の音量がもともとかなり小さいので音量注意です。


posted by nyro at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

The Mothers of Invention / Freak Out!

Freak Out!Freak Out!
Frank Zappa

Video Arts 1995-05-02
売り上げランキング : 49358
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フランク・ザッパの音楽には全然詳しくないです。私にはとても難解で…。このアルバムは彼が在籍していたグループで1stアルバムになるんですが、1966年に発表されたものです。この年はビートルズがラバー・ソウルを発表した、来日した年です。それを考えるとあまりに迫力ありすぎでロック史的にはかなり前衛的というか斬新な内容なのではないかと思います。(ジャケットデザインも後のヴァニラ・ファッジを思わせるような当時としては派手な感じ)このアルバムを知ったのは何かのライナー・ノーツ(アルバム名は失念、あがた森魚?)で鈴木慶一が高校時代自宅の目印にこのレコードをフルボリュームでかけていたとか何かそんな話を知ったのがきっかけで興味を持ちました。
posted by nyro at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

Nina Simone / The Best Of Nina Simone

The Best Of Nina Simone: The Colpix YearsThe Best Of Nina Simone: The Colpix Years
Nina Simone

Roulette 1993-02-09
売り上げランキング : 168067
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本のフォークばかり続いたので久々に洋楽を…。
ニーナの歌声とピアノは独特です。男性と間違えそうなくらいの太さを持つ歌声、それでいてどこか繊細で弱弱しさを感じそこへ彼女のピアノが合わさると何とも形容しがたい悲しげな雰囲気を醸し出します。とにかくその雰囲気が気にいってます。
名曲の多いアルバムですが、私の一番のお気に入りはGimme a Pigfootです。古くはベッシー・スミスやビリー・ホリデイも歌ってました。しかしベッシーまで古くなるとブルースに慣れてないと聴きづらい部分もありますが、ニーナの時代になると軽快なテンポで聴きやすくなっています。一度試聴してみて下さい。

Nina Simone / Gimme a Pigfoot(youtube)
posted by nyro at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

RCサクセション / 楽しい夕に

楽しい夕に楽しい夕に
RCサクセション

EMIミュージック・ジャパン 2005-11-23
売り上げランキング : 261
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 初期のRCのアルバムを2枚挙げましたが、その間に発売されたもう1枚が結構名盤なのに抜けていると不自然?な感じもするのでこれも挙げときたいと思います。
1stのような妙な効果音を加えたようなアレンジもなく、よりアコースティック色が強くなっています。また1stが全曲清志郎の作詞作曲だったのに対し、他のメンバーである小林、破廉氏の曲も加わっています。また小林氏がリードボーカルをとった曲もあり、それでいて全体的に統一感もあって「初期の」アコースティック時代の彼らを知るには最もよいアルバムではないかと思います。

2009年05月04日

RCサクセション / 初期のRCサクセション

初期のRCサクセション初期のRCサクセション
RCサクセション

EMIミュージック・ジャパン 1998-12-09
売り上げランキング : 21507
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  車の中でナビを使用中テレビの音声だけ流していたら、ワイドショーで何度も清志郎の声や歌が流れていました。逝っちゃったんだ、と改めて実感…

1972年に発売された1stアルバムですが、発売された当初から「初期の」とつけられています。確かに、未熟で荒削りな感は否めないですが、こんなに古いにもかかわらずアコースティックである点を除けば特に今と全然違うなあ感みたいなのがなく、中身は既にキヨシローであり「ベイベー」なんて言っちゃって、オーラすら感じられる。力強い音とともに若きキヨシローの溢れ出す感情が、一切飾り気なくストレートに訴えかけてきます。

2009年05月03日

RCサクセション / シングル・マン

シングルマンシングルマン
RCサクセション

ポリドール 1996-09-01
売り上げランキング : 4842
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お別れは突然やってきて 
すぐに済んでしまった


ヒッピーに捧ぐ(YOUTUBE)

聴けば全てです。 合掌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。