2005年02月24日

Brigitte Bardot

ベスト・オブ・BB   ブリジット・バルドーに凝った時期がありました。「素直な悪女」とか「軽蔑」とか映画を観たり、歌を聴いたり。。。しかし社会人になってからは急激に関心が無くなってしまいました。

フランス映画史の写真集を買ったことがきっかけで、そのフランス映画に革命を起こしたバルドーをモチーフにした絵も何枚か描いた記憶があります。今はそのほとんどが残っていませんが。。。

私自身映画に詳しいわけではないのでどうしても稚拙な文章になりますが、5、60年代のフランス映画は独特の空気を持っています。ヌーヴェルバーグなんかにも興味を持って数本観ましたが、面白みがいまいち理解できないものも結構ありました。アメリカ映画なんかと比較すると余計そう感じるんですよね。色彩のインパクトや絶妙な物の配置のバランスとか、視覚的には洗練されてて楽しめるんですけどね。でも70年代に入ってからの仏映画は全然いいものがなくて(単にエロイだけのものだったりで)がっかり。
posted by nyro at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブリジッド・バルドー Brigitte Bardot
Excerpt: 肉体派女優というよりは小悪魔という形容がピッタリのフランス女優のベベです。映画だけではなく、60年代のフレンチポップス又はイエイエの人気歌手でもあります。 Shebam! Pow! Blop! Wi..
Weblog: Audio-Visual Trivia for Movie & Music
Tracked: 2006-09-03 10:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。