2009年05月06日

RCサクセション / 楽しい夕に

楽しい夕に楽しい夕に
RCサクセション

EMIミュージック・ジャパン 2005-11-23
売り上げランキング : 261
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 初期のRCのアルバムを2枚挙げましたが、その間に発売されたもう1枚が結構名盤なのに抜けていると不自然?な感じもするのでこれも挙げときたいと思います。
1stのような妙な効果音を加えたようなアレンジもなく、よりアコースティック色が強くなっています。また1stが全曲清志郎の作詞作曲だったのに対し、他のメンバーである小林、破廉氏の曲も加わっています。また小林氏がリードボーカルをとった曲もあり、それでいて全体的に統一感もあって「初期の」アコースティック時代の彼らを知るには最もよいアルバムではないかと思います。
この記事へのコメント
RCサクセション、ぼくはあまり聴かなかったけど、彼のメッセージ性のあるバイタリティな歌や言動には、いつも共感していました。
初期のころ、「僕の好きな先生」くらいしか聴かなかったけど、けっこうお詳しいんですね。
僕もいろいろ、彼の歌を聴き直してみようかなあ?
彼の心や歌声は、いつまでも永久に僕たちの胸の中で生きていくことでしょう。
Posted by ベー坊 at 2009年05月08日 02:15
>べー坊さま

この頃のRCはあまり売れてなかったみたいですね。
「シングル・マン」の頃になると仕事もほとんどなかったという・・・。
そういう意味ではリアルタイムでは詳しい人も少ないでしょうね。私は清志郎の本とかも過去に何冊か読んだので多少は知ってるという程度です。

今後彼に代わるような人物は出ないでしょうね。キヨシローはキヨシローですからね。彼の好きだったオーティスやジョン・レノンと同じく。


Posted by nyro at 2009年05月08日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。